2009年5月14日 (木)

g.u.へ行ってみた

今日は仕事がお休みなので午前中から美容院に行った。その帰りに行きつけのガススタンドでガソリンをいれ、ついでに久々(何年ぶり?)にスタバでお茶をし(買っただけ)、さらに近くのg.u.に行ってみた。

3年前に結婚祝いのお返しにと職場の人々にスタバカードを贈った。先日、スタバの本社からあと1ヶ月で購入したスタバカードの期限が切れるとご丁寧なお手紙が来たのだ。余分に買ったカードが手元に2枚あり、今回はそのうちの1枚を使用した。今月もう一度スタバに詣でなければ・・・。使ったら残金の期限は延びるのだろうか?チャージしたら延びるはず。どうしようかな。。とりあえずHPで確認せねばの。最近はエクセルシオールが多いので、本当にスタバの飲み物は久々だったけど、やっぱりおいひぃのぉ~。ところで使いそびれている友はいるのだろうか。。忘れていて使おうとしたところ無効になってたなんてことになったらすまんなー。

そのままアイスカフェモカを携えて近くのg.u.へ。少し前にテレビ東京のガイアの夜明けでg.u.がユニクロの格下(こういう言い方していいのかしら?)ブランドだと知った。テレビを見ながら「あれg.u.ってどこかで見たな」と以前ユニクロが入っていた建物がいつの間にかジーユーになっていてがっかりした記憶を思い出した。なんだ系列ブランドだったのかぁ。しかもお安いらしい。。とりあえず様子を見に行った。

いや~結構混んでました。平日の昼間だって言うのに。そして、私も狂ったように試着しまくりました。デザインはかなり良いものが多く、若い人にはとっても良いのではないでしょうかね。プリチイプライス( ^ω^ )でも素材がね、やはりいまひとつ。10年くらい前のユニクロのカットソーとかインナーなんかを思い出しました。綿100%だけど洗濯していくうちに伸びちゃうか固くなっちゃうかって感じの素材かもって。やっぱり不惑の女はいいもの着ないと老け込むよ。。とか思いつつも、カットソーなど6枚(+旦那のパンツ2枚)も買ってしまいました。2009_05140002

デザインがいい。同じデザインでユニクロで現在扱っているような生地で作ってくれないかしら・・。今日試着してやめたものの中に3年位前にオンラインストアで買ったユニクロプラス(だったか)のカットソーとよく似たデザインの物があった。可愛いんだけど5分袖と生地感から私の体系には似合ってなかった。以前買ったものは7分袖。でもVネックの形とギャサーがくりそつ。今日買った他のものも以前のデザインかも知れんなと思ったりもした。

いや~コットン100のものは本当にやっすい感じが漂うけど、ジャケットやカーデのインや仕事着と考えたらとてもよいみたい。実際値段も驚くほど安かった。コットン100のカットソーたちは690円、ポリエステル/レーヨンのチュニック(写真の黒いやつ)が990円、旦那のパンツが2枚で790円。着てみてよかったら買いたそうかとも思うけど、どうやら入れ替えが早いみたいな感じだった。

旦那のパンツだけど2枚で790円はかなりお安い気がした。まあアメリカのスーパーで3枚7ドルとかにはかなわんが。つい先日、無印良品で2枚900円だったかな(さらにそれを1割引で購入)、それを4組買ったけど、柄がシンプルで可愛いのでまた買ってしまった。

| | コメント (0)

2009年5月 8日 (金)

everyday Italian

うちの旦那は見たい番組はオンタイムでは見ずに録画して後から一気に見る。私は録画してもちょいちょい見てしまって、またさらに後からじっくり見るというタイプ。結婚してからはとにかく旦那がチャンネルを変えまくるので私が見たい番組は録画しておかねば見れないことが多くて録画するようにしている。旦那のすごいところは、録画している番組をオンタイムでは一切見ないでいられるところだ。後から見るから時間の無駄と思っているらしい。さらに録画する理由はCMを飛ばして一気に見たいからなのだ。私なんかいち早く見たいタイプなので録画しててもちょいちょい見てしまうのだ。

昨日は夜9時台はとんねるずの番組を録っていた。他にちっとも面白い番組が無いので私がチャンネルをくるくると変えていた。いつもは3チャン(NHK教育)は今日の料理以外は回さないのに(教育TVの録画はいくつかしているものの、チャンネルを変えるときはめったにまわさないのだ)、めずらしく3チャンを回したところ、見たことのある女性が映っていた!

GIADAちゃんだ~!!とそのまま見入った。最初日本語吹き替えになっていたので、英語放送に変えて見た。そしてアメリカ生活が懐かしく思えた。なんとなくあの頃がよみがえってくるというか。。音の記憶なのかな。アメリカにいたときは、見たい番組が無ければいつもfood networkにしていて、ず~~~~っと料理番組をつけっ放しにしていたし。英語がわからなくてもなんとなく理解できるし。子供の頃からなぜか料理番組が大好きだったし。そしてあの番組終わりに流れる曲。いつもなんとなく物悲しい気持ちになるけど、聞き覚えがあるようにも感じていた。今日、もしかしてウルルンの日本に帰るとき(滞在先を離れる時に流れる曲)と同じなんじゃぁ?って思ってしまった。その回のゲストがステイ先を離れる時に流れる曲で、涙涙にTVを見を見ながら聞いていたし、サザエさん症候群?的なものも加わっていた(ウルルンは日曜日の夜やっていて、あの番組が終わると「あ~明日から仕事だ」と思わされたため)と思われるが、だからあの曲を聴くと物悲しい気分になっていたのかもって思った。ウルルンの曲なのか??

NHKのHPを見てみたところ、どうやら毎週木曜日に放映しているようで最近始まったものと思われる。そしてびっくり、4月は「Tim Gunのファッションチェック」をやっていたらしい。このTim Gunさんの番組はアメリカ生活にまだ慣れてない頃、BravoTVでちょうど放映中だったようで毎日のように再放送を流していたので、はまってみていたのだ。ドマーニの押田刑事のアメリカテレビ版といった感じ。クローゼットチェックなんかもうそのもの。どっちかがアイデアをまねしているに違いないと当時は思ったものだ。しかし、本当に気づいてラッキーだった。彼女のあの「ニャ~ウ」を耳にして顔がにやけてしまった。でもHPによると、ずっと放映してくれるわけではないようだ。それでもアメリカのテレビ番組を色々見せてくれるようなので、見続けたいと思った。どこかのTVでmake a supermodelとかproject runawayとかもやってくれないかしらのー。

写真は「もう見ることもないな」と帰国前に記念に撮っておいたGIADA。いまいち上手く撮れなかったけれど…。2008_0922usa0050 いつもながら谷間がまぶし~のぉ

| | コメント (0)

2009年5月 7日 (木)

私は捨てられない女

今日はブックオフに初めて本を売りに行ってきた。以前から旦那に捨てろ捨てろ言われていたのだけれど、どうにも捨てる気になれず放置していた文庫本などだ。

いざ捨てる(手放す)となると「やっぱりもう一度読みたいな」とか「この本買ってから一度も読んでないじゃん」とか思ってしまい捨てることをためらってしまった。午前中は捨てられないモードで旦那に内緒でどこかに隠すか?などと考えてうだうだしていたけれど、お昼を食べゆっくり支度をしてもう一度本に向かってみた時、なぜか「捨てちまえ!」という気持ちになったので読んでない本などどんどん紙袋にまとめてみた。とは言っても文庫16冊、新書3冊、単行本4冊、あとは20年近く前に母に買ってもらった岩波講座-分子生物科学というシリーズ全12巻。結局手元にも15冊以上残してしまった。

買い取り価格はというと、文庫本は14冊で250円(安っ!)、新書は3冊で50円!単行本は4冊で170円。ほとんどの本が、ぴかぴかの新書並みだったけど、この有様。そして岩波講座のシリーズは値が付きませんでした。まあ、ブックオフのHPによると、買い取れないものに当てはまっていたので(日焼けしていることに加えて、事典などの部類に入るのかなと思ったのだけれど、とにかく古い!ので)どうかなと思っていたけど、やはりという感じだった。買い取ってもらえなかった文庫は自分で引き取って岩波のシリーズはそのまま処分をお願いしてきた。

しかし、買取額470円を受け取って店を出てから、何かどんよりとした不安な気持ちが続いているのだ。なんでだろう。お天気のせいか?はたまた買取額が1000円くらい行くかなと思っていたのが安かったからか?それとも長年身近においていた本がなくなったからか?安心毛布感覚なのか?よくわからないこのどんより気分に我ながら病的なものを感じてしまった。

思い起こせば、結婚当初、新居に持ち込んだ私の独身時代の荷物があまりにも多くて旦那に捨てろ命令が出た時も、大量に捨てた後にどっぷりと疲れが出た。捨てることやお掃除は開運につながるといった本が売れていた気がする。滞っていた運気を動かしたから疲れたのか?よくわからないけど、とにかく私には苦手なことのようだ。

たぶん岩波シリーズを捨てたことに罪悪感があるのかも知れない。あの本は私が学生の頃に”母に”買ってもらったのだ。1冊3300円から3600円くらいの本。自分で買っていたらちゃんと勉強しただろうか?あの当時、あのシリーズをきちんと読んで勉強していたら、今の私は別の人生を歩んでいたんだろうな。子供の時から親からたくさんのチャンスを与えてもらっていたけれど、何一つ生かさずにもう四十路。あと数ヶ月でバカボンのパパと同い年になってしまう。本当に何やってるんだろう。もしかしたらそういった後悔の念で悶々としているのかもしれないな。

| | コメント (0)

2008年9月 4日 (木)

エキサイトニュース:「発言小町」の利用時間 「YouTube」「2ちゃんねる」より長い

夕べ帰宅後の旦那がネットをしながら急に吹き出した。何々とPCをのぞき込むと”「発言小町」の利用時間 「YouTube」「2ちゃんねる」より長い”というエキサイトニュースの記事が。。。

私は結婚してからいろいろな都合で働いていない期間が多くなっていて、ひょんなことから出会った発言小町にはまっている。特にアメリカに来てからはかなりのめり込んでいる。日本人と話す機会がほとんどなく、旦那は私の話を聞く気がほとんどないのでこちらは欲求不満。発言小町はそんな不満を解消してくれるお友達なのだ。

旦那は常日頃、小町にどっぷりはまっている私に「バカ小町」とか言ってバカにしていたのでバカがたくさんいる!という感じで吹き出したのだ。

私の中での印象としては、「You Tube」は”よくわからない。若者の間ではやっている?台湾人の友人はYou Tubeでドラマを見ているそうだ。日本のドラマは著作権の関係で見られないらしいが・・”、「2ちゃん」は”見てはいけない掲示板。以前勤めていた職場のボスの実名でスレッドが立っていて内部のことがたくさん書き込まれていた。同僚から聞いて見てみた物の内部の人が書いていると思われる書き込みは少なく、ほとんど外部の人が想像で書き込んでいたような内容だった。でもボスに対してあまりにもひどい内容だったので、関わりたくないという印象を持った。ご飯仲間の学生たちも皆同様の意見だった。その印象があるので、見てはいけない掲示板というイメージだ。でもコメント欄に書かれた絵には感心するものがある。すごい才能がある人がいるのだなぁと思う。”

小町はというと、読売新聞がやってるし、投稿に検閲が入っているので結構ちゃんとしているという印象だし、時々非常識な人がいて驚くけど、だいたい常識人や社会人経験が長い人も大勢いるようで勉強になることも多い。海外在住者が多いなと言う印象もある。

ただ、ユーザーはどれが一番多いんだろう。やっぱり2ちゃんなのかなぁ~。

| | コメント (0)

2008年7月16日 (水)

運転免許

今日はESLが終わってから市内にあるDDSに行き、運転免許の仮免?(パーミット)を取ってきた。とっても疲れた。

今まで私は国際免許で運転しており、GA州では国際免許を持っていても居住してから30日以内にGA州の免許を取らなければいけないらしいが、1年で帰国だしぃと取らないまま乗っていた。が、国際免許の期限が旦那は9月中旬、私が9月26日まで。旦那の頭の中に帰国時にレンタカーでロスあたりまでドライブ旅行をしてロスの空港から帰るという考えがあるらしく、そうなると免許が切れるのはまずいのでやっぱり取ることになったのだ。旦那はどうするんだろう。

勉強が嫌いな私にとって、久々のテスト勉強。しかもマニュアルは英語で書かれているのだ(あたりまえ)。読むのに一苦労で辞書を引きながらやらないといけないためだいたい一通り目を通すのに結構時間が掛かった。しかもマニュアルを開いても読む気がしなくて、やっとノリ出せば旦那からあれ持ってこいこれもってこいと指令が飛ぶ。旦那も旦那で「勉強せい勉強せい」言う割に、私がキッチンカウンターで静かにやってるとうろうろ視野に入ってくるのだ。Sなんだよね。私もだけど。

なかなかやる気が出ないので、周りの友人たちに「水曜日にパーミットを受けに行ってくる!」と宣言してどうにか勉強したのだ。ほとんどの人たちはパーミットは1回で受かっているので、日本代表として落ちるわけにはいかないでしょう。

最初にバウジエがテキストを持ってきてくれて「ここの3章と4章から出るって」と教えてくれた。なので、私は3章と4章しか読まなかったのだ。GA州に住んでいる人たちのブログに免許取得に際しての覚え書きが書かれているので、それらを参考に模擬テストのサイトに行って、練習してみたが、どうにも3章と4章以外から出ているような問題がたくさんあった。結局心配になり他の章にも目を通し読み終わったのが試験前日だった。本当に冷や汗ものだ。いつもギリギリ。ギリギリガールならぬギリギリおばさんだぁ。。。

試験会場へもナビを頼りにいきなり行くことにした。が、住所の入力を間違えていて、1回目は変な場所に連れて行かれた。そんなに遠くまで行かずに気づき、しかし気づいたのが高速を走っているところだったのでナビをいじるのは危険と判断して、いったん帰宅することにした。もう一度、住所の入力をし、地図を確認したところそれらしきところが示されたので改めて出発。US-●●と入力するところをUS ●●と入力したために目的地を間違ったようだ。ちょっと遠かったがどうにか到着。カーナビがあると、何であれ帰宅できるので方向音痴の私でも落ち着いて運転できるのだ。

DDSに着いたのは3時過ぎ。とても混んでいた。インフォメーションで受付して、申し込み用紙と番号を渡された。申込用紙に住所などを記入しているとすぐに番号を呼ばれてしまったので窓口に「まだ記入し終わってない」と伝えると「記入が終わったら来て」と言われたような気がした。ので、また席に戻って記入したが、今度は一度呼ばれた窓口は次々他の番号を読んでいるのでどうした物かとぼんやり待っていた。英語が話せないのでこういうときは本当に不便だ。また呼ばれるのかななど考えながらかなり長いこと待ってみたが、呼ばれる様子もなくタイミングをみて窓口に行ってみることにした。ちょうど先ほどの窓口が番号を呼び出しているにもかかわらず人が現れないようなので(さっき私も書き終わるまで行かなきゃ良かったのかもしれないなぁ)、受付のお姉さん(お母さんかな)に「さっきスキップした」と伝えた。すると「え、まだテスト受けてないの」と聞かれて「はい」と答えると身分証明の書類などをチェックして書類を受け付けてくれた。いや~、本当に英語がよくわからなくて受付嬢が何を言っているのかあまり理解できなかった。私も英語を発しているつもりだけど、相手にはほとんど伝わっていないようで本当に大変だった。身長・体重もフィート?バウンドでの表記がわからずにセンチメートルとキログラムで表してしまった。

書類にサインした後に、「あの部屋でテストを受けてね」と言われたのでそこへ行き適当な席に座ってPCを動かした。1回目はテストが準備できておらず、ちょっとあわててしまった。すると「もうできるから」と声がかかり、テスト開始。そして、英語で受けることになってしまったことに気づいた。ひえ~~。本当にどの段階で日本語で受けると言うのだろうか?バウジエは中国語で受けたそうな。付き添ってくれた人がちゃんとたのんでくれたのかな。。。あとで聞いてみよう。

英語でのテストは本当に恥ずかしいくらいに時間が掛かった。文章をきっちり読まないと間違えてしまうのでかなり読んだつもりだったが、うっかりミスで早々と2問落とした。さらにわからない問題で2問落としぎりぎりだった。標識もうっかりミスで1つ落とし、英語がよくわからなくて1つ落とした。隣に座った女の子が5分もしないで終わっていたのに、私は20分以上は座っていたと思われる。必死だった。

かろうじて合格し、また受付に戻ると今度は目の検査。PC見まくって目がショボショボ状態の所に視力検査とは・・・。とりあえず箱をのぞいて指示された所の数字を読んだがはじめに指示されたところは読めなかったが次の所はちゃんと読めたのでメガネはなしですんだ。その後写真をとって終わり。写真を取ってくれている人は中国系の人でとても優しく「スマイルスマイル」と言われ思わず顔がほころんだところを取ってくれたので、自然な笑顔に写っていた。これは良かった。しかし、英語が苦手もココまで来ると本当に悲惨な気がしてきた。悲しすぎるのでもっと勉強しようと思う。

次はドライビング試験だが、私の住んでいる市のDDSはGA州で最も厳しいらしい。それはマンモス大学の学生(若者)やインターナショナルが多いからだそうだ。若者やインターナショナルの人たちが他の街で違反を起こすことが多かったらしく、今ではものすごく厳しいらしい。タイ人のエモンはすでに5回落ちている。たいていの人は他の街でドライビング試験は受けているようだ。私も他のところで受けようかと思ったが、最近1回で合格した日本人2名に出会ったため、とりあえず1回は受けてみることにした。

| | コメント (0)

2008年7月 9日 (水)

マグ日和?

買い物から帰り2008_0712usa61_2駐車場に入るところでUPSの車と一緒になった。UPSはうちの建物の前で止まった。お兄さんが車から箱を3個ほど降ろしているのが見えた。私は荷物を下ろしながらお兄さんより遅れて建物へ向かった。配達のお兄さんはうちの上階の部屋に荷物を置き、そのまますぐ下に降りてきていた。そしてなんと、うちの玄関前に2箱置いていった。何の配達かわからないけど、とりあえず受け取りサインできる、良かった!と思いながら玄関に向かった。が、ノックをしている様子もなく玄関前に荷物を放置し、お兄さんはささっと逃げるように車に戻っていった。UPSは受け取りサインも必要ないってことなの?あんまりにも適当な配達じゃぁないか!しかし何が届いた!?

箱を見ると、1つは先週の土曜日に注文したDean & Delucaのマグカップのようだ。やけに早い。発送を普通便にしたので7日くらいかかると思っていたのに、営業日から3日で届くなんて。。なんであれうれしい。

そしてもう一つの箱の発送主に心当たりがない。以前と同じようにネット通販のやり過ぎで何か勝手に送られてきたのでは?ともやもやしながら箱を開けてみたところ、ネスレの景品のマグカップが!これはNESCAFE clasicoのスパニッシュ版についていた、全員プレゼントのようなものだ。同じ時期に英語版も買っているがプレゼントの予告はついてなかっ た。で、バーコード1枚でマグカップ1個、バーコード3枚でティーポット1個。一家族マグ4個ティーポット1個までというものだった。旦那がラボにインスタントコーヒーを持って行っていたのでバーコードはたくさんあったが、マグが4つあっても仕方ないし、帰国の時は捨てるつもりでとりあえ2008_0712usa62_4ず2個申し込んでみた。かれこれ3月のこと。

プレゼントの予告の紙はコーヒーの中に入っていて、しかもスペイン語で書かれていた。英会話の先生がスペイン語を話せ るので訳してもらって、必要事項を記入して応募してみたのだ。でも4月になってもいっこうにマグが届く気配もなかったので「だまされた!」ともうほとんど忘れていた。やっぱり大きな会社だからかな。律儀にも応募してから4ヶ月もたった今、送ってきたのだ!すごい。クリスピーのマグの時も結構かかったけど、バックオーダーは時間が掛かるのかね。。とにかく、こっちにいるうちに受け取れて良かった。

Dean & Delucaのマグはアメリカ在住者のかたのブログをみてかわいくて欲しいと思っていた。アメリカのマグらしい真ん中シェイプしている形。ワッフルハウスのマグも欲しいと思っていた時期があったが、Dean & Delucaのほうが何しろおしゃれだし。。。近くにお店はないし、旅先にあったとしても旦那と一緒では絶対に購入不可能なので通販にしたのだ。4個セットで20ドル。安い!そして、ネスレの方はプレゼントの説明の紙に載っていたた写真よりもかわいらしい感じ。少し小 さめだからかな。実はネスレのマグカップを日本に1つもっているがそれとは少し違ってclasicoの文字も入っている。帰国時に捨てようと思っていたが、捨てる気などなくなってしまった。

| | コメント (0)

2008年7月 3日 (木)

やっぱり

相変わらず今日もとろけながらディスカッションした。英語は本当にダメダメだった。

昨日からいよいよシーケンシング用のPCRプロダクトの準備を始めたがポリメラーゼを変えたらやっぱりアニーリング温度に影響が出てしまった。はじめGoTaqでシングルバンドになる条件を見つけて、本番はタカラのプライムスターを使っているが・・・。最初からプライムスターにすれば早いのに・・・。結局明日からは最適なアニーリング温度探しをすることになった。次はグラディエント機能のついたサーマルサイクラーを他の研究室から借りて一気にやることにした。また振り出しに戻ったのね・・。はぁ。

GoTaqで始めたときには最初に論文通りの温度条件でタッチダウンPCRしてみたがプロダクトが確認できず、同じ条件でテンプレートを増やしてPCRして、電気泳動時にゲルにアプライするPCRプロダクトを25μlにしてやっと確認できる程度しか増えていなかった。そこで普通のPCRに変えてアニーリング温度をプライマーのTmよりも20度も低めにしたところ上手く増えるようになった。ただそれでもサンプルを10μl以上流さないとゲルで確認できないくらい増幅率は悪いのだ。でもネットで調べてみるとディジェネレイトPCRをやっている人たちはたいてい40サイクルくらい回しているようなのでサイクルを増やせばどうにかなるなと思えた。ダイレクトシーケンシングをするのでちょっとこわいけどプライムスターのエラー率は低いとのことで、40サイクルすることにした。

ところで英語は l と r の発音が本当にダメらしい。いまは recA と lepAが上手く伝えられてないようだ。レックAの場合はアメリカではレにアクセントを置くようなのでックAと言えば伝わる。が、lepAがどう発音してもrecAと聞こえてしまうらしい。 p と c は聞き取りにくい音なので出だしの響きで判断されている模様。どうにも伝わらずに最終的にはスペルを伝えるパターンになっている。英語のクラスでも「climb Mt.Fuji」と発音したら先生から「かまやつのclimbはcrimeに聞こえるよ」とのこと。「raw fish」も「law fish」になってると。。他にはスーパーでpaper or plastic bag?と聞かれていていつもペーパーしか聞き取れずいつも「ペーパーで」と返していた。ある時レジのおじさんがゆ~っくりplas-ticと言ってくれてやっと理解できたのだ。でもそれもプラスティックとは聞こえておらずどちらかというとプレスティックと聞こえていた。えーなになに、プラスティックって言ってたの~と、こちらに来て4ヶ月目に謎が解けたのだった。本当に『いまなんて言った?』って言うときはたいてい単語のスペルに or か ar か  l が入っている。本当に私には高い壁だにゃー。

| | コメント (0)

2008年6月30日 (月)

キラースマイル

アイザックと仕事するようになってから毎日が楽しくて仕方がない。

理由のひとつは英語を話す機会が増えたこと。5月の終わりから大学生か院生かわからないがアンドリューという男の子が入ってきてアイザックが面倒を見ている。で、アイザックが授業でいないときはアンドリューにちょっとしたことを聞いたりできるので以前よりも英語を使う機会が増えたのだ。・・・が、私の英会話力、英語力ともに上達していなくて苦戦は続いている。さらに他の研究室にゲル写真を取り込みに行くため「gel imagerを貸してください」という表現を毎日使っている。たまに微妙に表現を変えてみているが、ネイティブの人たちは通常なんて言っているのだろうか。。今度聞いてみようかな。リスニングはかなり上達してきたと思われる。

もうひとつの理由はやっぱりアイザックだ。本当にキュートなんだな。笑顔が。一応働き出す前から、ラボの人たちには挨拶は欠かさないようにしてきているが、女性陣2名は反応にむらがある。アイザックはいつでも優しくほほえんでくれるのと、よく手を振ってくれる。まあ私から手を振ることも多いんだけどね。

今日もアンドリューが「PCR終わったよ」と呼びに来てくれて、私がチューブを取り出した後にアイザックの方を向くと彼もこっちをみてニッコリ。本当にとろけそうになってしまった。なんで毎回毎回微笑みあってるんだろう。旦那なんか「石になっちゃう」って言って家でさえ私と目も合わせないというのに・・・。

アイザックはメガネをかけているときはイケメンって感じではないんだけどやはり歯並びの良さと笑顔がステキなんだよね。肌もすごくきめが細かくて本当にうらやましい。私は子供の頃から笑顔だけはほめられるのでアイザックのような印象を周りから持たれていたらうれしいんだけどなぁ。どうだろう。笑いすぎなので肉肉しい(憎々しいだったりして)印象かもね。。。

キラースマイルって言えばイビョンホンだけど、デイリーヨミウリ記者のこれって英語で?という記事にキラースマイルとはれっきとした英語で意訳すると「心をとろかす魅力的なほほえみ」とあった。まさにアイザックの微笑みはキラースマイルだわ。でも記事によればアメリカで使われるキラースマイルと韓流ファンの使うキラースマイルでは少し意味合いが違うようだ。韓流スターのキラースマイルは「母性本能をくすぐる憂いを含んだ微笑」だそうだ。うーむ、アイザックのは韓流系キラースマイルかもしれないな。

私も笑顔を磨かねばと改めて決意。でも最近きになることがある。それは前歯の並びが悪くなったこと。矯正終了後のリテーナーが良くなかったこともあるけれどアメリカに来てからずいぶん前歯が動いている気がする。出てきたというか・・。歯茎が弱ってるのか?年ってこと!!とにかく帰国したら矯正歯科に相談にいきたいと思っているのだ。前歯は顔の印象を大きく左右するので本当に大事だ。

| | コメント (0)

2008年6月26日 (木)

ここのところ旦那の帰りが今までよりも遅く、昨日は迎えに行ったのは9時過ぎていた。

駐車場に車を停めて、ぼーっとアイビーか何かの茂みを眺めていると何かがチカッチカッとしているように思えた。が、学部の建物は少し高いところにあるので下の道路を走る車のライトが草の合間から見えているのだと思っていた。

しばらくして旦那が来たが、すぐには車に乗り込まずに外でたばこをふかしながらニヤニヤしていたので「何か?」と言うと旦那が「アンタは心が貧しいから見えないでしょ。ここには蛍がたくさんいるの!」と。

へっ?と辺りを見回すとチカチカして見えたのは蛍だったのだ!感動!!やっぱり心が貧しいのかなぁ。教えてもらわずに『えー蛍がいるじゃん』と気づいてみたかった。

ところで「子供の頃に蛍を見たことがある」という記憶はあるのだが、実際にどんなだったかは覚えていないというか、ニュースなどで放映された暗視カメラの映像が自分の記憶と化しているみたいで、実際の蛍の光の明るさってかなり強いんだと驚いた。LSDライトをつけたり消したりしている感じかな。蛍の光ってぼんやりしているという認識だったけど全く違っていた。

ただ蛍って水がないところにもいるの?という疑問が残ったのでウィキペディアで調べてみたところ、多くの種類の幼虫は湿潤な森林の林床で生活していて、淡水で生活する蛍は蛍全体でみると少数派だそうだ。。日本じゃ蛍と言えば水がきれいなところに住んでいるという印象だけど林の中にいてもおかしくないのかぁ~。ひとつ勉強になった。意外とアパートの周りにもいるんじゃないか?あとで見てみないと。。

ルシフェリン、ルシフェラーゼには何度もお世話になっているが、アッセイに使うときは半減期が或程度長かったり短かったりあるけど瞬間で終わる物ではなかった。蛍はどうやって一瞬で発光を消しているのか?単に動いているから体の向きが変わって光が消えたように見えるのか?酸化されて発光すると言うことだから還元酵素か何かが働くのかなぁ・・。

| | コメント (0)

2008年6月22日 (日)

マグカップやっと届く

3月末に注文したクリスピークリームドーナッツのチルドレンズ サプライズ マグがやっと届いた超かわいい!

昨日Fedexの不在票のような物がアパートのドアに貼り付けられていたが差し出し主の名前はなく、今日ドアの前に置き去りにされていた箱にも送り主の名前が書かれていなかったので箱を開けるときにかなり困惑気味だった。ネット通販のやり過ぎで情報が漏れたりして変な物が勝手に送られてきたのではないか?などと箱を開けながら考えてしまった。。

箱の中には大粒のプチプチにくるまれたマグカップが4つ入っていた。ほっとした。

このマグは3月の超円高の時に注文したものだが、当時在庫切れだったようで2週間後に入荷するとメールが来たきりなんの連絡もなく一月以上が過ぎた。在庫切れ連絡のメールには注文をキャンセルする場合や品物を変更する場合は電話をくれと書かれていたので何もしないでいた。が、やはりかなり気になったので勇気を出して通販担当部署に電話してみた。何の予習もせずに電話をかけたので結構大変だったが「3月にマグカップを注文したが在庫がなかった。在庫はいつはいるのか?」みたいなことを伝えたら「バックオーダーするの2008_0712usa65_2ね?」と担当のおばさ2008_0712usa63_4ん。「入荷は5月末か6月上旬だから」と言うことだった。バックオーダーの電話をする必要があったのか?メールには何も書いてないのにぃ~。まあどうでもいいや。確認できたから・・とちょうど6月上旬は旅行に行く予定だったので帰ってきたころに届くかなと思っていたが、発 送したとの連絡も来ておらず待ちわびていたところだった。

モノはmaid in Chinaだったけど、水玉模様がかわいらしく、マグの底にあるドーナツがお茶目でいい。汚れはたまりそうだけど。。

ところで日本やアメリカでの通販歴は比較的多いと思われるが、ここは通販会社ではないからか「発送しました」発送後に「いくら引き落とします」などの連絡は一切来なかった。(注文直後には「注文承りました」と「在庫がない」のメールは来ていたが。。)箱の中に送り状的なもののコピーが1枚入っていたっきり。Fedexも日本でFedexを受け取ったときは結構親切な会社だなと言う印象だったが、アメリカでは適当っぽいと言うか・・・。たまたまかなぁ。ドアに貼ってあった紙も「本人不在でも荷物を置いていってください。荷物に何かあってもFedexに責任はございません」という文章があってそこにサインをすると家の周りにおいていくか近所やアパートの管理者に預けていくらしいけど、今週は受け取れそうもないやとサインをしてみたものの超不安。お隣さん(ロシア人と黒人の夫婦)は一応面識はあるものの付き合いはないし・・。家の前に置いていってもアパートの住人をいくら大学の学生や職員だと言っても信用しているわけでもないし・・。子供たちがよく遊んでいて(しかも、うちの玄関前もよく遊び場に・・)箱を持って行かれても困るなとかなり心配だった。結局はドアとドアの外側にある網戸ドアの間に置いてあって無事ではあったが・・。網戸ドアも荷物のせいで半開きだったし、微妙な感じだった。

| | コメント (0)

«休暇 1日目